レポートreport

ホーム ニュース レポート 【ATTAコラム】「働き方:今日のデジタル・ノマドが旅の未来に示唆するもの」

【ATTAコラム】「働き方:今日のデジタル・ノマドが旅の未来に示唆するもの」

(画像をクリックでサイトに移動します)

(画像出所:ATTAコラム)

デジタル・ノマドとは:
「通信技術を利用して生計を立て、より一般的には遊牧民のような生活を送る人々」のことを指します。このような労働者は、外国や、コーヒーショップ、公共図書館、コワーキングスペース、またはレクリエーション用の乗り物などからリモートで仕事をすることが多いです。彼らは時折ある場所に数ヶ月間滞在した後、別の場所に移動します。彼らは恒久的な住所を持たず、代わりに最低限の生活をし、多くの荷物を担ぎ旅をしています。

COVID-19により、世界的にリモートワークが急増しています。しかし、ほとんどの人は家やアパートなどの「ホームベース」を持っており、そこでほとんどの時間を過ごしています。これらのリモートワーカーは、数日から数週間の間、別の場所に移動して仕事をすることがありますが、その後はホームベースに戻ってきます。このリモートワーカーは「デジタル・ノマド」とは異なり、長期滞在型の海外駐在員と2週間のバケーションを楽しむ人たちのことを意味しています。

本コラムではATTAが発表した、デジタル・ノマドについての調査報告が記載されています。

詳細はこちら(ATTAコラム:英語)

次の記事
一覧へ戻る
前の記事

最新の記事

  • 2024.01.25 インタビュー理事インタビュー

    世界の持続可能なツーリズムを牽引する力を有するATへの期待

    阿部一晴理事 株式会社JTBグローバルマーケティング&トラベル取締役執行役員 Q.株式会社JTBグローバルマーケティング ...

  • 2024.01.24 インタビュー理事インタビュー

    「プロダクトアウト」ではなく「マーケットイン」の方法で

  • 2024.01.24 インタビュー理事インタビュー

    日本全体がインバウンド市場であるという意識のもと、それぞれの地域の相互協力でAT推進の相乗効果を高めよう